私は、昨日、高校野球をテレビで見ていました。昨日見ていた試合は、特に印象深かったので、書かせて頂きたいと思います。昨日見ていた試合は、高校野球、神奈川県大会の決勝でした。決勝は、優勝候補の横浜高校と、慶應義塾高校でした。横浜高校有利と言われる中、常に試合は、横浜高校優勢で進んでいました。私は、横浜高校を応援しているので、終始安心して見守ることのできる試合展開でした。ただし、慶應義塾高校も終盤に追い上げを見せて、一時、4点差にまで点差は縮まりましたが、最後は、横浜の二番手石川も踏ん張り、慶應義塾の反撃を押さえました。横浜高校の先発は、藤平で、プロも注目の本格派右腕です。基本的にはストレートで押すタイプですが、変化球の切れも素晴らしく、特にランナーを得点圏においても、落ち着いた投球を見せてくれるので、安心して見ていることができました。横浜高校は、三年ぶりの夏の甲子園、激戦の神奈川を制し、甲子園での活躍を願うばかりです。